上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年あけましておめでとうございます。
いよいよ09年の競馬がスタートですね。
それとともに当ブログも本格始動いたしますので、
皆様よろしくお願いいたします。


【見解】
ここ数年の中山金杯といえば過去傾向を見てもわかるように⑮アサカディフィート
父パラダイスクリークはネヴァーベンド系で、他にも06年のカナハラドラゴン(9人3着)や
04年のワールドスケール(5人2着)も父か母父にネヴァーベンドを持った馬でした。
さて、今年の出走馬でネヴァーベンドの血を持っているのは、
先に挙げた⑮アサカディフィートの他に
母父ミルリーフの⑪ネヴァブションと母父リヴァーマンの⑭リキッドノーツの3頭。
しかし、⑮アサカディフィートはさすがに年齢、斤量共に厳しい感がありますので割引。

そうなると、残る2頭の選択になりますね。
ラップギア適正値では⑪ネヴァブションが瞬4平3消0、
⑭リキッドノーツが瞬8平8消2と甲乙つけがたい数値。
ですが、⑭リキッドノーツは当コース(2-1-0-0)でパーフェクト連対と良積があり、
鞍上後藤はここ3年連続で複勝圏に入っている相性いいレース。
よってこちらの方をとりたいと思います。

あとは、昨年の勝ち馬①アドマイヤフジ、
逃げれば面白そうな⑤キャッチータイトルを押さえに。

【予想】
◎⑭リキッドノーツ
○⑪ネヴァブション
▲⑮アサカディフィート
△①アドマイヤフジ
△⑤キャッチータイトル

単勝 ⑭ 1000
馬単 ⑭⇒⑪ 700
   ⑭⇒⑮ 300
3単 ⑭⇒⑪⑮⇒⑪⑮①⑤ 各100
過去5年(2004~2008)の傾向です。
京都金杯過去傾向

■ラップギア
2008
12.5-11.4-11.4-12.3-11.4-11.3-11.2-12.1
▽1▽1▲9 平坦戦
2007
12.3-11.2-11.7-12.2-11.6-11.0-11.6-12.3
▽6▲6▲7 瞬発戦
2006
12.2-11.1-11.8-12.2-11.8-11.2-11.4-12.3
▽6▲2▲9 瞬発戦
2005
12.7-10.8-11.5-11.7-11.7-11.6-11.8-12.2
▽1▲2▲4 平坦戦
2004
12.2-11.0-11.2-11.6-11.6-11.8-11.5-12.4
▲2▽3▲9 平坦戦

※当該コース適正値 瞬3平6消1

■血統
・父
ロベルト系・SS系が目立つが、穴としてミスプロ系が面白いかも。
・母父
ノーザンダンサー系がやや優勢だがここ2年はミスプロ系が勝っている。

■ローテ
京都金杯前走
同距離…1-3-2-25
距離延長…2-0-1-13
距離短縮…2-2-2-27



過去5年(2004~2008)の傾向です。
中山金杯過去傾向

■ラップギア
2008
12.4-11.4-13.3-12.5-12.4-11.9-11.9-11.4-11.0-12.5
▽5▽4▲5 瞬発戦
2007
12.6-10.8-12.6-11.6-12.2-12.1-12.5-12.6-12.2-13.2
▲1▽4▲10 平坦戦
2006
12.7-11.5-12.9-11.9-11.6-11.4-11.4-11.6-11.7
±0▲2▲1 消耗戦
2005
12.6-11.5-12.7-12.0-11.4-11.0-11.6-11.7-12.0-12.5
▲1▲3▲5 消耗戦
2004
12.5-11.6-12.5-12.1-11.9-11.7-11.7-11.4-11.7-12.1
▽3▲3▲4 平坦戦

※当該コース適正値 瞬5平4消1


■血統
・父
ノーザンダンサー系(大系統)やスタミナタイプのSS系が優秀。
・母父
リファール系やネヴァーベンド系などのスタミナタイプが優秀。

■ローテ
中山金杯前走
同距離…1-1-0-25
距離延長…4-4-3-31
距離短縮…0-0-2-6
いやぁ、結果はともかくいいレースでしたね。
ゴール前はホンマに手に汗握る叩き合い。

新設G1ではないが今年からコース変更ということで
難しいレースでしたね。

それではレース結果を。

さて、ブログ復帰一発目。
華々しく飾りたいもんですw

少々イレこみ気味ですが、早速予想を。


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。