上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新年あけましておめでとうございます。
いよいよ09年の競馬がスタートですね。
それとともに当ブログも本格始動いたしますので、
皆様よろしくお願いいたします。


【見解】
ここ数年の中山金杯といえば過去傾向を見てもわかるように⑮アサカディフィート
父パラダイスクリークはネヴァーベンド系で、他にも06年のカナハラドラゴン(9人3着)や
04年のワールドスケール(5人2着)も父か母父にネヴァーベンドを持った馬でした。
さて、今年の出走馬でネヴァーベンドの血を持っているのは、
先に挙げた⑮アサカディフィートの他に
母父ミルリーフの⑪ネヴァブションと母父リヴァーマンの⑭リキッドノーツの3頭。
しかし、⑮アサカディフィートはさすがに年齢、斤量共に厳しい感がありますので割引。

そうなると、残る2頭の選択になりますね。
ラップギア適正値では⑪ネヴァブションが瞬4平3消0、
⑭リキッドノーツが瞬8平8消2と甲乙つけがたい数値。
ですが、⑭リキッドノーツは当コース(2-1-0-0)でパーフェクト連対と良積があり、
鞍上後藤はここ3年連続で複勝圏に入っている相性いいレース。
よってこちらの方をとりたいと思います。

あとは、昨年の勝ち馬①アドマイヤフジ、
逃げれば面白そうな⑤キャッチータイトルを押さえに。

【予想】
◎⑭リキッドノーツ
○⑪ネヴァブション
▲⑮アサカディフィート
△①アドマイヤフジ
△⑤キャッチータイトル

単勝 ⑭ 1000
馬単 ⑭⇒⑪ 700
   ⑭⇒⑮ 300
3単 ⑭⇒⑪⑮⇒⑪⑮①⑤ 各100
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://raisya.blog86.fc2.com/tb.php/8-87f1f279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。