上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
先週は会社の慰安旅行のため、予想アップ出来ませんでした。
ちなみに、◎ヒカルカザブエと◎セイクリッドバレーで
またもや散々な結果に・・・
いいかげん当てないと(汗)

過去5年(2004~2008)の傾向です。
AJCC過去傾向 AJCC前走

■ラップギア
2008
12.7-11.3-12.7-12.3-12.2-12.1-12.1-12.2-11.8-11.9-12.3
2.13.6(36.7-60.9-36.0)
▽4▲1▲4 平坦戦

2007
13.0-11.3-12.3-11.9-11.7-11.7-11.8-12.1-12.0-12.0-13.0
2.12.8(36.6-59.2-37.0)
▽1±0▲10 平坦戦

2006
13.0-11.6-12.5-12.0-12.2-12.0-11.9-12.1-12.0-11.6-12.3
2.13.2(37.1-60.2-35.9)
▽1▽4▲7 平坦戦

2005
12.7-11.3-11.9-11.6-11.7-11.9-11.8-12.1-12.0-12.2-12.2
2.11.4(35.9-59.1-36.4)
▽1▲2±0 平坦戦

2004
12.1-11.7-12.9-13.0-13.2-12.9-12.8-12.2-11.7-11.3-11.7
2.15.5(36.7-64.1-34.7)
▽5▽4▲4 瞬発戦

※当該コース適正値 瞬4平5消1

■血統
毎年SS系が絡んできますが、
母父にニジンスキー系ネヴァーベンド系などスタミナ血統の
サポートが必要。

■脚質
逃げ 1-0-0-4
先行 2-4-1-11
差し 2-0-4-13
追込 0-1-0-16
マクリ 0-0-0-1

■枠番
1枠 0-1-0-5
2枠 0-0-1-5
3枠 1-1-0-4
4枠 0-1-0-6
5枠 1-0-1-5
6枠 0-1-0-7
7枠 2-1-1-6
8枠 1-0-2-7

外枠がやや優勢。

■前走
・クラス
同クラス 4-4-3-37
条件クラス 1-1-2-8

出走数は圧倒的に同クラスが多いが、
率に換算すると互角。

・距離
同距離 0-0-1-2
今回延長 5-2-4-27
今回短縮 0-3-0-15



スポンサーサイト
過去5年(2004~2008)の傾向です。
京成杯過去傾向 京成杯前走

■ラップギア
2008
12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2
2.02.9(35.8-47.5-36.6)
▽9▲4▽2 瞬発戦

2007
12.6-11.6-13.4-12.2-12.5-12.1-12.2-11.4-11.4-12.2
2.01.6(37.6-49.0-35.0)
▽8±0▲8 瞬発戦

2006
12.6-11.1-13.1-13.0-13.0-12.2-12.5-11.9-11.4-12.4
2.03.2(36.8-50.7-35.7)
▽6▽5▲10 瞬発戦

2005
12.9-11.8-13.8-12.7-13.0-12.8-12.8-12.5-12.2-12.9
2.07.4(38.5-51.3-37.6)
▽3▽3▲7 平坦戦

2004
12.5-10.8-12.0-11.6-11.1-11.6-12.5-12.1-12.5-12.5
1.59.2(35.3-46.8-37.1)
▽4▲4±0 平坦戦

※当該コース適正値 瞬5平4消1

■血統
SS系ノーザンダンサー系(大系統)中心のようですが、
中でもエイシンサンディやマーベラスサンデーのようなダート型サンデーに
リファール系ニジンスキー系などのスタミナ型NDの配合など
パワー・ダート血統にスタミナが補填された血統がベスト。

■脚質
逃げ(1-1-0-4)
先行(0-0-2-15)
差し(4-3-2-21)
追込(0-1-1-13)

差し優勢ですが4角で7番手以内に着けた馬は(4-4-3-29)

■枠番
1枠 0-0-0-6
2枠 0-1-1-4
3枠 0-1-0-5
4枠 0-0-3-3
5枠 1-0-0-6
6枠 1-2-0-5
7枠 2-0-0-8
8枠 1-1-1-7

6~8枠が有利で1枠は壊滅的。

■前走
・レース
ホープフルS(OP) 2-1-1-7
朝日杯FS(GⅠ) 2-0-0-2
ラジオたんぱ(NIKKEI)杯 1-1-0-6

・距離
同距離 3-3-4-19
今回延長 2-2-1-25
今回短縮 0-0-0-0
 






過去5年(2004~2008)の傾向です。
日経新春杯過去傾向 日経新春杯前走

■ラップギア
2008
12.5-11.4-11.3-12.7-12.8-12.6-12.5-12.3-11.9-12.2-12.2-13.0
2.27.4(35.2-38.1-36.7-37.4)
▲3±0▲8 消耗戦

2007
12.5-11.2-11.0-13.0-12.8-13.0-13.8-12.8-11.7-11.7-11.6-12.3
2.27.4(34.7-38.8-38.3-35.6)
±0▽1▲7 平坦戦

2006
12.6-10.9-11.3-12.7-12.4-12.5-12.7-12.7-12.2-11.7-12.0-12.6
2.26.3(34.8-37.6-37.6-36.3)
▽5▲3▲6 瞬発戦

2005
13.0-12.2-12.2-13.8-12.9-12.9-13.2-12.9-11.8-11.5-10.8-11.8
2.29.0(37.4-39.6-37.9-34.1)
▽3▽7▲10 瞬発戦

2004
12.8-11.2-11.4-12.3-12.1-12.3-12.7-12.5-12.1-11.6-11.8-11.7
2.24.5(35.4-36.7-37.3-35.1)
▽5▲2▽1 瞬発戦

※当該コース適正値 瞬5平5消0

■血統
SS系×ノーザンダンサー系(大系統)が(2-2-3/15)で優秀ですが、
今年は該当する馬が1頭もいません。
しかし、昨年の同コース全体の戦績では
グレイソヴリン系
も優秀で
やはりスタミナ血統が中心のようです。

■脚質
逃げ(0-0-1-5)
先行(1-2-1-13)
差し(4-1-1-15)
追込(0-2-2-16)

圧倒的に差し優勢で4角7番手以内の成績が(5-3-3-32)。

■枠番
1枠 1-0-1-4
2枠 0-0-1-5
3枠 2-0-0-5
4枠 2-0-0-5
5枠 0-1-2-6
6枠 0-2-0-7
7枠 0-1-0-9
8枠 0-1-1-8

3、4枠が有利。

■前走
・レース
オリオンS(1600下) 1-2-0-2
鳴尾記念(GⅢ) 1-2-0-6
万葉S(OP) 1-1-1-3

・クラス
同クラス 2-3-3-36
昇級戦  3-2-2-12

・距離
同距離 2-1-1-5
今回延長 2-3-2-32
今回短縮 1-1-2-11










【09シンザン記念結果】
09シンザン記念結果
LAP 12.5-11.0-11.6-12.1-12.2-12.6-11.5-11.8
1.35.3(35.1-24.3-35.9)
▲4▽11▲3 瞬発戦

例年よりテン3ハロンが速くなっているが、ツルマルジャパンが離して逃げたため、
番手以降の馬にとっては比較的ゆったりした流れだったと思います。
◎タキオンクールもよく伸びてはきてるんですが、
前残りの展開であれだけ外を回したんでは届かないですね。
傾向としては、昨年とは逆配合のサンデー×ミスプロが勝ちましたので、
やはりレース傾向が変わってきていると思います。

【09フェアリーS結果】
09フェアリーS結果
12.8-11.6-12.0-12.2-12.3-12.2-11.4-12.0
1.36.5(36.4-24.5-35.6)
▽1▽8▲6 瞬発戦

11秒台のハロンラップ2ヶ所しかない完全な瞬発力勝負になってしまいましたね。
もう少し締まった流れになると思ったんですが…
狙った馬が違いましたが、母父トニービンが3着に残りましたね。
これは今だけの傾向なのか、これからも続くのかわかりませんが、
しばらく注目してみたいと思います。



【見解】
レース分析はこちら
毎年のようにSS系が上位を占めるレースで朝日杯凡走組が強いレースですが、
今年は2年前の1,2着馬と同産駒・同ローテの④タキオンクールを本命にします。
データ的に前走3着というのが若干ひっかかりますが、タキオン×ニジンスキー系は
勝ち馬のアドマイヤオーラと同系配合で当コースで唯一勝ち鞍のある馬ですから少々のことは目を瞑りますw
相手には、これもよく来るミスプロ系を母父にもつマンハッタンカフェ産駒の①アントニオバローズ
1人気の⑧ミッキーパンプキンはSS系でもダンス×リファールでスタミナ寄りの血統ですから、
押さえまで。
それならば2走前の萩Sで0.2差の⑥キングスレガリアを上位に。

【結論】
◎④タキオンクール
○①アントニオバローズ
▲⑥キングスレガリア
△⑧ミッキーパンプキン
△⑪モエレエキスパート

単勝 ④ 1000
馬単 ④⇒① 700
    ④⇒⑥ 300
3単 ④⇒①⑥⇒①⑥⑧⑪ 各100
【見解】
今年から条件変更になり過去データが使えないため、
レース分析でも述べたように、SS系・ミスプロ系を重視したいと思います。
◎はミスプロ系トワイニング×サンデーの⑬カツヨトワイニング
ネオユニ×ミスプロの③アイアムネオと迷いましたが、
キャリアと前走で現在1人気の①ジェルミナルと差のない競馬をしていることから、
こちらを上位に。
人気もなさそうですし、鞍上は穴騎手の江田ですから期待。
そして、昨日のニューイヤーSで2着にきていたショウワモダンが
母父トニービンでしたから、ダート型SSを父に持つ⑫イルドロールを▲評価に。

【結論】
◎⑬カツヨトワイニング
○③アイアムネオ
▲⑫イルドロール
△①ジェルミナル
△⑦マイティースルー

単勝 ⑬ 1000
馬単 ⑬⇒③ 700
    ⑬⇒⑫ 300
3単 ⑬⇒③⑫⇒③⑫①⑦ 各100
 
過去5年(2004~2008)の傾向です。
シンザン記念過去傾向  シンザン記念前走

■ラップギア
2008
12.1-10.7-11.3-12.1-12.2-11.9-12.3-12.8
1.35.4(34.1-24.3-37.0)
▽3▲4▲5 平坦戦

2007
12.6-11.2-11.8-12.3-12.3-11.7-12.0-11.2
1.35.1(35.6-24.6-34.9)
▽6▲3▽8 瞬発戦

2006
12.5-11.2-11.9-12.1-12.0-11.5-11.3-11.9
1.34.4(35.6-24.1-34.7)
▽5▽2▲6 瞬発戦

2005
12.7-11.3-12.0-12.5-12.2-11.8-11.4-11.8
1.35.7(36.0-24.7-35.0)
▽4▽4▲4 平坦戦

2004
12.5-11.5-12.1-12.3-12.3-11.5-11.3-11.9
1.35.4(36.1-24.6-34.7)
▽8▽2▲6 瞬発戦

※当該コース適正値 瞬3平6消1

■血統
昨年は良馬場発表だったものの前日は雨で重馬場だったため時計が掛かったが、
基本的には速い上がりを要するので、やはりSS系(8/15頭)が中心。
母父にニジンスキー系やカーリアンなどのスタミナ型ノーザンダンサー(5/15頭)も
馬券になっているので要注意。

■前走ローテ
朝日杯FS(3-2-2)
中京2歳S(1-1-0)
千両賞(1-1-0)
ラジオNIKKEI(たんぱ)杯2歳S(0-1-1)
さざんか賞(0-0-2)

朝日杯組の巻き返しが主で前走OP戦以下ならば最低でも連対歴が必須。
今年からこのレースは、12月→1月・1200m→1600mに変更されましたので
過去のデータが使えません。
よって、開幕週に行われた同コースのレースと土曜に行われるニューイヤーSを参考に
探っていきたいと思います。

開幕週・芝1600の傾向です。
1中山開幕週・芝1600

■血統
パッと見て目に付くのがミスプロ系
フジキセキをはじめとするダート型SS系
1日目5Rの1着入線馬もアグネスデジタル産駒でしたから、
やはりダート血統がよく来ています。
加えて、上がりのかかるコースですからダンスインザダークやトニービンが来ているように
ある程度のスタミナも必要ですから、ダート×スタミナ血統を中心に。

【09中山金杯結果】
09中山金杯結果
LAP 12.3-10.9-13.0-11.4-12.1-11.4-11.6-11.7-11.5-12.6
▲1▽2▲11 平坦戦

大方予想どおりの展開でしたが、1000M辺りからのロングスパートで後方から追走する馬も
脚を使わされた感。
さすがに◎リキッドノーツは狙いすぎだったか。もう少し前目に着けてくれると思ったんですが…
この結果を受けてひょっとすると、この重賞はリピート性のあるレースかもしれませんので
来年まで覚えておこうと思います。


【09京都金杯結果】
09京都金杯結果
LAP 12.6-10.7-11.2-11.8-11.6-11.9-11.4-11.7
▲3▽5▲3 瞬発戦

こちらは予想の着眼点としてはそれほど間違ってるとは思わないので、
まぁ納得のいく結果でしたが非常に悔しい(苦笑)
グレイソヴリンに目をつけたんだから素直に勝ち歴のあるタマモクロス産駒にしておけば…
しかも誘導馬がその勝ったマイソールサウンドで鞍上の津村が誕生日だったということを
知ったころには既に後の祭りでした…涙

しかし、ここ最近金杯当てた記憶がないなぁ…
といってても始まらんのでまた週末に向けてガンバリマス!
うーん。昨日は惨敗でした…
今日こそは初当たりといきたいもんです。

【見解】
過去傾向でも書いたように中位人気で度々来ているミスプロ系。
この血を持つ馬は現在人気している⑤ファリダット②マルカシェンクを含め6頭ですが、この人気馬2頭に
全幅の信頼が置けるかというと些か疑問符が付きます。
そこで狙いたいのが母父にミスプロ系を持つ⑬バトルバニヤン
父はグレイソヴリン系ジャングルポケット。この系統は過去5年で04年のマイソールサウンド、
サイドワインダーや05、06年は出走がなかったものの昨年は母父トニービンのカネトシツヨシオーが
馬券になっています。同馬の戦歴から若干距離が短いように感じますが、
京都はもちろん、小倉、新潟に勝ち鞍が集中しているように平坦巧者でハマれば面白いと思います。
相手には先述した⑤ファリダット、マイソールサウンドと同じタマモクロス産駒の⑧タマモサポートを中心に。

正直①アドマイヤオーラにあっさり勝たれるのが怖いですが今回は休み明けということでバッサリ切りたいと思います(笑)


【予想】
◎⑬バトルバニヤン
○⑤ファリダット
▲⑧タマモサポート
△②マルカシェンク
△⑦ショウナンアルバ

単勝 ⑬ 1000
馬単 ⑬⇒⑤ 700
    ⑬⇒⑧ 300
3単 ⑬⇒⑤⑧⇒⑤⑧②⑦ 各100
新年あけましておめでとうございます。
いよいよ09年の競馬がスタートですね。
それとともに当ブログも本格始動いたしますので、
皆様よろしくお願いいたします。


【見解】
ここ数年の中山金杯といえば過去傾向を見てもわかるように⑮アサカディフィート
父パラダイスクリークはネヴァーベンド系で、他にも06年のカナハラドラゴン(9人3着)や
04年のワールドスケール(5人2着)も父か母父にネヴァーベンドを持った馬でした。
さて、今年の出走馬でネヴァーベンドの血を持っているのは、
先に挙げた⑮アサカディフィートの他に
母父ミルリーフの⑪ネヴァブションと母父リヴァーマンの⑭リキッドノーツの3頭。
しかし、⑮アサカディフィートはさすがに年齢、斤量共に厳しい感がありますので割引。

そうなると、残る2頭の選択になりますね。
ラップギア適正値では⑪ネヴァブションが瞬4平3消0、
⑭リキッドノーツが瞬8平8消2と甲乙つけがたい数値。
ですが、⑭リキッドノーツは当コース(2-1-0-0)でパーフェクト連対と良積があり、
鞍上後藤はここ3年連続で複勝圏に入っている相性いいレース。
よってこちらの方をとりたいと思います。

あとは、昨年の勝ち馬①アドマイヤフジ、
逃げれば面白そうな⑤キャッチータイトルを押さえに。

【予想】
◎⑭リキッドノーツ
○⑪ネヴァブション
▲⑮アサカディフィート
△①アドマイヤフジ
△⑤キャッチータイトル

単勝 ⑭ 1000
馬単 ⑭⇒⑪ 700
   ⑭⇒⑮ 300
3単 ⑭⇒⑪⑮⇒⑪⑮①⑤ 各100
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。